施工例.1

EV工法(Extended Ventilation→ 鞄本省エネ建築物理総研   

日本で施工されている外断熱工法のひとつ


建物構造躯体(コンクリート)と外壁仕上げとの間に断熱材(ロックウール)を入れ
断熱材と外壁仕上の間に通気層をとる仕様で、コンクリートを蓄熱体として活用する
工法です。

特徴は、外気温の変化による冷暖房負荷を少なくし、室温をコンクリートに取り込み
蓄熱し、ネルギーロスを少なくするものです。さらに結露の抑制、コンクリート躯体
への影響を少なくし、建物の長寿命化を含めて地球環境を考えた工法です。

現在、日本のコンクリート構造で建設されている建物のほとんどが、断熱材を構造躯体
の内部側に施工しています。この場合コンクリートは外気温の変化に同調し蓄熱される。
この温度変化に従い、室温も影響を受けやすくなります。そして室内の冷暖房負荷が大
きくなるとともに、結露に関しても、外気温が低い季節は、冷やされたコンクリートと
暖房された室内気温の中で、室内の水蒸気が、コンクリートの室内側に結露となる事が
あります。これがカビになり、そこにダニなどが発生する事があります。この場合健康
面から見ても好ましくありません。


この工法をさらに有効にするためには、外部開口部を断熱性の高いペアガラス、トリプ
ルガラスにして、断熱性の高いの建具にすること。

外部に対して気密性の高い建物を造る。

気密性の高い室内の換気を考えて、24時間自動的に換気する装置を付ける。

室内の空気を燃焼させる暖房器具は使用しない。


屋上パラペットを見る。
コンクリート外壁の外部側に125mm厚のロックウールを施工したところ。



コンクリートパラペットの外側にロックウール、屋上立上りスタイロフォーム厚75mm
屋上面はスタイロフォーム厚75mm敷き 押えコンクリート 目地棒 まで施工したところ。



外壁・立上り仕上げ材、笠木下地、屋上コンクリートまで施工したところ。



表紙