住まいづくりの法律


1.敷地と道路

  ・公に認められた道路に敷地が接道していなければいけません。
  ・基本的に、道路幅員は4m必要で、無い場合は道路境界線の
   位置を下げて幅員4m確保しなければいけません。


   ・敷地は公道に幅W=2m以上接していなければいけません。
   ・路地部分の長さL=20mを越えると、
    基本的には、幅W=3m(建築物床面積200u以下)、
    W=4m(建築物床面積200u以上)必要。

 

  ・東京都の場合、角敷地(公道)は隅切りが必要。


    戻る