住まいづくりの法律


4.斜線制限

  ・用途地域によって建物高さの制限があります。
       

 


  ・敷地前面道路による斜線制限があります。


  



  ・道路斜線の緩和があります。
   道路境界線から建物をセットバックすると、その分道路幅員が広がったと
   同じ道路斜線となります。


  ・高度斜線
   敷地境界線の真北方向を制限する斜線です。

  第一種高度地区              第二種高度地区                 第三種高度地区
    


  ・これらの斜線の代わりに天空率を使うと不可能な所が可能になることもあります。

   天空率とは建物が周囲に与える実質的な採光、通風の質と量に着目したもので
   斜線制限を性能規定化したものです。



             天空図



 戻る