住まいづくりの考え方


家を建てる場合、どこに依頼するか、考えてしまうかもしれません。
一つは住宅メーカーと言われる会社に依頼する方法、
一つは、地元の工務店や建設会社に依頼する方法、
一つは建築設計事務所に依頼する方法、
大きくはこの3つと言えます。

住宅メーカーの場合、住宅展示場やTVコマーシャル等、広告宣伝を大々
的に展開しています。
会社によって異なりますが、建築主への対応は営業社員が行い、家の
設計や技術的な対応は提携先の建築設計事務所や技術社員が対応し
ます。
工事は提携先の工務店が施工し、住宅メーカーが監理します。

良い所は、融資の手続きなども対応してくれ、あまり家づくりに時間等を
かけないで、ある程度決まった仕様の中から選択して、間取りもその会社
のルール内であれば対応してくれる事です。
この中で建築費も含めて満足できる場合は良いと思います。


工務店、建設会社どちらに依頼するか。
会社の名称や、社員数、売り上げ規模、専任の営業社員がいるか等違い
がありますが、建設会社の場合は一般的にビルや工事規模の大きい建物
を得意としているので、住宅で木造の場合は工務店の方が建築費を考え
ても一般的には向いていると言えます。
コンクリート構造や鉄骨構造の場合は建設会社の方が、施工体制等を考
えると良いかもしれません。

工務店に住まいづくりを依頼する場合は、対応は社長や番頭さんに当る
社員になりますが、施工する事が主な仕事なので、住まいづくりの相談
内容が多くなってくると、提携先の建築設計事務所に依頼する場合が有
ります。

良い所は技術力のある工務店に依頼すると、しっかりとした仕事をしてく
れ、一般的には建築後も細かいメンテナンスに対応してくれる事です。


建築設計事務所の場合は、建築主の立場で住まいづくりから建築費の
確定、施工監理を行うことが職務になっていますので、施工会社の選択
見積り調整、しっかりと施工監理をする事によって、住まい手が希望・要
望する事を法律や技術的な事、予算を考えて、住まいという形にします。

例えば予算が限られていて希望が幾つかある場合は、積み上げた結果
としての建築費が有るのではなく、建築費の予算がありその配分を希望
に添って振り分けていきます、そこには建築設計事務所ならではのアイ
デアや提案があります。

いずれにしても家を建てる場合は、設計するという行為が必ず必要にな
ります。(無料で設計する場合は建築費に含まれている場合があります)

それが住まいを商品と考える会社に依頼するか、施工する事が目的の
会社に依頼するか、設計する事が仕事の会社に依頼するか、依頼先に
よって結果である住まいは大きく変わります。
           

住まいづくりを考えている方は、どんな住まいにしようか、雑誌等をを見
たり、住宅展示場に行って見たり、知人のお宅を見せてもらったりする
かもしれません。


段々「こんな家がいいかな」とイメージができると思いますが、具体的に
土地の事、工法の事、間取りの事、仕上材の事など考えて行くと良く分
からなかったり、部分的な希望はあるけれど、総合的に考えてみるとま
とまらないなど、あると思います。

その様なことを一つ一つ、実例を見たり、図面や模型・パース、サンプル、
写真等で確認する事によって明確になって行きます。

私達は住まう方の希望を伺い、それをもとに、図面や模型、パース等で
提案をして、話し合いながら住まいの骨格を決めて行きます。

快適な住まいと言っても、住まう方によって快適と感じる所は少しずつ異
なると思いますので、色々話し合いながら、考えて、快適なすまいを形に
する為に、一緒に住まいづくりをしましょう。

表紙