住まいづくり資金計画

ここでは設計契約から工事契約、竣工までに必要な設計料と工事費を
中心に資金のスケジュールを表にしています。

設計料が必要な時期は、設計契約時、実施設計終了時、工事契約時、上棟
時、竣工時です。その他に、申請手数料、地盤調査費用等が必要です。

工事費は、工事契約時、上棟時、竣工時。その他に地鎮祭、上棟式等、登記
費、引越し費用等です。

住宅金融公庫から融資を受けた場合、工事中間時と竣工時に融資が
実行されますが、工事施工会社に工事金額を支払う時期とずれています、特
に竣工時は建物が完成して表示・保存登記をしてから手続きをするので、融
資が実行されるのが竣工1〜2ヶ月後になってしまいます。銀行からその融資
を受けるか、施工会社に相談の余地があるのか工事契約のときに確認しまし
ょう。

融資先金融機関
住宅公庫融資:建物構造、省エネルギー、設備、高齢者同居等により金額決定。
各自治体:都道府県、市町村の融資ありますのでそれぞれ問合せ必要。
年金住宅融資、財形住宅融資、民間金融機関、:各金融機関に問合せ必要。
税制面での控除:住宅取得(建物)、地方税(土地・建物)、譲渡所得(土地)あり。

         

      資金計画の流れ (新築住宅の場合)         

打合せ内容 検討内容 工事項目 資金計画 




調





・ 設計の相談

・ 希望や条件の整理


・ 敷地の調査

・ 法規制のチェツク

・ 設計条件の整理

・ 建物の計画

・ 住まい方の検討

・ 概算の予算配分

・ プレゼンテーション
 (1/100スケールの平面図
 立面図、断面図、の提案)

・ ここまでは費用無料
  
・ 設計契約 ・ 全体の予算計画

・ 資金の調達計画
・ 契約時 設計料 20%

・ 地盤調査費用-
         4万円程度(木造2階建)
  (スゥェーデン式サウンディング試験)










2

・ プランや空間構成
仕上材料、設備仕様、
収納などの打ち合せ

・ プレゼンテーション

 外部、内部の仕上、
 設備仕様の提案
 1/50スケールの平面図、
 立面図、断面図、模型の提案

・ 地盤調査

・ 建築内外仕上の計画

・ 構造の計画

・ 電気、設備、空調の計画

・ 外構計画

・ 工事予算の検討

 仕上表、平面図、立面図
 断面図、電気位置図、
 照明器具、設備器具、
 空調計画の提案

・ 完了時 設計料30%







 約
 2
 ヶ
 月

・ 仕上材や設備器具
機器の品番や色の決定

・ 施工するための
設計図書作成

・ 確認申請

・ 施工業者の選定

・ 見積調整

・ 現場説明


・ 建築確認申請手数料
  民間の場合-2.8万円(床面積による)









・ 完了時 設計料20%

・ 工事契約

・ 工事契約
・ 工事契約時 工事費 1/3
・ 契約印紙代












・ 地鎮祭

・ 建物位置確認

・ 材料、設備機器、取り付け
位置の確認

・ 上棟式(選択)

・ カーテン、ブラインドの決定

・ 竣工検査

・ 建物引き渡し
・ 地鎮祭

・ 建物位置寸法確認

・ 施工図のチェック

・ 各工事のチェック

・ 工事工程のチェック

・ サンプル、材料、器具の
チェックや色の決定

・ 上棟式(選択)

・ 役所検査立ち会い

・ 設計変更や追加工事の
調整

・ 竣工検査立ち会い

・ 建物や機器の説明

・ 建物引き渡し立ち会い


・ 地鎮祭

・ 工事着工

・ 地縄張り

・ 基礎、土工事

・ 躯体工事

・ 上棟式

・ 屋根工事

・ サッシ取り付け

・ 内装工事

・ 内部建具取り付け

・ 電気工事

・ 給排水設備工事

・ 空調設備工事

・ 外構工事

・ 竣工検査

・ 建物引き渡し


・ 地鎮祭費用(選択)-5万円程度











・  上棟時 工事費 1/3
・       設計料 20%
・ 上棟式費用(選択)-10万円程度
・ 中間検査申請手数料
  民間の場合-3万円(床面積による)











  竣工時 工事費 1/3
        設計料 10%
・ 竣工検査申請手数料
  民間の場合-3万円(床面積による)


・ 引越・入居


・ 住居表示手続き

・ 表示・保存登記

・ 電話工事

・ 火災保険の加入

・ メンテナンス
・ 引越費用-約20万円

・ 登記費用-約10万円

・ 


表紙