住まいづくりの進め方

         

設計の流れ (新築住宅の場合)          

流れ
打合せ内容 検討内容 工事項目
ご相談を頂いた場合、ご質問やご希望、要望などを伺います。
その時に、どの様なお手伝いができるかお話いたします。
   
        ↓                      
 
具体的に住まいづくりの方向に進む場合は、ご希望をもとに  
企画調査、図面を作成してご提案させて頂きます。
        
        ↓       
 企

 画

 調

 査




・ 設計の相談

・ 希望や条件の整理


・ 敷地の調査

・ 法規制のチェツク

・ 設計条件の整理

・ 建物の計画

・ 住まい方の検討

・ 概算の予算配分

・ プレゼンテーション
 (1/100スケールの平面図
 立面図、断面図、の提案)

・ 設計契約
基本設計に進む場合は、ここで設計契約となります。
   
基本設計とは図面をつくる前に、予条件の整合性確認や収納量、構造の事、仕様の事、設備の事、等をまとめます。      
この時が一番打合せの回数が多くなります。  
          
        ↓   

 基

 本

 設

 計

2

・ プランや空間構成
仕上材料、設備仕様、
収納などの打ち合せ

・ プレゼンテーション

 外部、内部の仕上、
 設備仕様の提案
 1/50スケールの平面図、
 立面図、断面図、模型の提案)

・ 地盤調査

・ 建築内外仕上の計画

・ 構造の計画

・ 電気、設備、空調の計画

・ 外構計画

・ 工事予算の検討

 仕上表、平面図、立面図
 断面図、電気位置図、
 照明器具、設備器具、
 空調計画の提案

今度はつくる為の図面を作成する、実施設計になります。
     
ここでは詳細設計や、仕上げ材や設備の色などを決めて行きます。

        ↓

作成した図面を元に工事の見積りをしますが、予算内に収める為に見積り調整や、数社の工務店さんに見積りをお願いして金額の比較をします。


        ↓

 実

 施

 設

 計




・ 仕上材や設備器具
機器の品番や色の決定

・ 施工するための
 設計図書作成

・ 確認申請

・ 施工業者の選定

・ 見積調整

・ 現場説明

施工会社さんと工事契約をします。

        ↓


・ 工事契約

・ 工事契約
工事着工です。工事期間は規模、構造、階数で異なってきます。コンクリート構造の場合は期間が長くなる傾向ですが、敷地の条件によっても異なります。


工事時期によりますが1週間に一回建築現場で定例打ち合わせをします
(施工会社と設計事務所)。

建築現場は日曜、祭日お休みです。
建て主さんとの打ち合わせは状況により、現場定例の時に一緒に行う場合や、週末に行う場合等あります。

        ↓

施工会社検査、行政検査、設計事務所検査、施主検査、
それぞれ確認して、直す所があれば直し、竣工引渡です。
 工

 事

 監

 理



・ 地鎮祭

・ 建物位置確認

・ 材料、設備機器、取り付け
位置の確認

・ 上棟式(選択)

・ カーテン、ブラインドの決定

・ 竣工検査

・ 建物引き渡し
・ 地鎮祭

・ 建物位置寸法確認

・ 施工図のチェック

・ 各工事のチェック

・ 工事工程のチェック

・ サンプル、材料、器具の
 チェックや色の決定

・ 上棟式(選択)

・ 役所検査立ち会い

・ 設計変更や追加工事の
 調整

・ 竣工検査立ち会い

・ 建物や機器の説明

・ 建物引き渡し立ち会い


・ 地鎮祭

・ 工事着工

・ 地縄張り

・ 基礎、土工事

・ 躯体工事

・ 上棟式

・ 屋根工事

・ サッシ取り付け

・ 内装工事

・ 内部建具取り付け

・ 電気工事

・ 給排水設備工事

・ 空調設備工事

・ 外構工事

・ 竣工検査

・ 建物引き渡し

 竣
 工
 後
・ 引越・入居


・ 住居表示手続き

・ 表示・保存登記

・ 電話工事

・ 火災保険の加入

・ メンテナンス


表紙